こんにちは!三重県四日市市に拠点を構え、東海三県にて、解体工事や解体に関連する工事などを行っている株式会社西喜です。
解体業者は、解体工事以外にも、お客さまのご要望があれば、解体に関連する業務も行っております。
今回は、建物の解体工事において、解体作業以外に行われる業務についてご紹介いたします。


残置物の処分

解体工事を行う前に、解体する建物に残っている日用品や家具などの残置物を処分する必要があります。
しかし、やむを得ない理由でお客さまが処分を行えない場合は、解体工事会社が処分を代行することも可能です。
残置物は一般ごみにあたりますが、解体工事会社が処分を行うと産業廃棄物として扱われます。
産業廃棄物の処分には別途費用が発生してしまいますが、お客さまの手間を省くことができる利点があるのです。


お客さまの大切なものの保管

残置物の中には、不要なものもあれば残したいものもあるでしょう。
残したいものがあるという要望を解体業者へ事前に伝えておけば、不要なものは撤去し、必要なものは撤去せずに残し保管することも可能です。
たとえば庭に植わっている木を残したい場合は、撤去せずに残すことができます。
また残しておきたい家具などは、解体工事の前に移動して、保管することもできるでしょう。
解体業者は、解体・撤去するだけでなく、お客さまの大切なものを保管する業務にも携わっています。


遺品の取り扱い

家の住人が亡くなり、誰も住まなくなった家を解体することもあります。
その家には、さまざまな故人の遺品がありますが、すべてを残すのは大変なことです。
残置物をすべて撤去しなければ解体工事は始められませんので、ご家族に残すもの・残さないものを仕分けしていただく必要があります。
仕分けが終わりましたら、先述したように解体業者にお伝えいただければ、ご家族のご要望通りに対応ができます。


西喜へご相談ください!

弊社では、解体工事や解体に関連する業務などのご依頼を承っております。
木造の建物のほか、鉄筋コンクリート造・鉄骨造・軽量鉄骨造の解体にも対応しています。
弊社がお約束しているのは、お客さまのご希望に沿った丁寧な施工をすることです。
解体工事の際は、廃棄してほしくないもの、残しておきたい故人の遺品など、事前にお伝えいただければ、廃棄せずに大切に保管いたします。
建物の解体工事などのご用命がありましたら、お気軽にご相談ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


四日市市など三重県の家解体費用・解体工事は株式会社西喜
ただいま解体工スタッフ・ダンプ運転手求人中です!
事務所:〒510-0863 三重県四日市市大字塩浜2860-78
電話&FAX:059-347-6290
代表直通:090-4256-9903