こんにちは!三重県四日市市に拠点を置き、東海三県にて、解体工事会社として活動している株式会社西喜です。
鉄筋コンクリートの建物は、木造に比べ強度が高く、解体には長い期間と労力を要するでしょう。
ですので、解体前に行わなければならないこともあります。
今回は、鉄筋コンクリート造の建物の解体前に行うことについてご紹介いたします。


入念な現地調査

鉄筋コンクリートの解体前には、入念な現地調査を行います。
木造よりも頑丈なつくりである鉄筋コンクリートの解体には、その頑丈さに対応する重機を使用しますので、重機を搬入するための経路の確認を行います。
また多く発生する廃材やコンクリートガラを搬出するための、大型ダンプの侵入経路も考えなければなりません。
古い建物では、健康被害を及ぼすアスベストが使用されている場合もあり、解体時にアスベストを飛散させないための対策を練る必要もありますので、解体前の現地調査は非常に重要な工程となります。


粉じんを飛散させない足場解体養生

解体工事を行うには、建物のまわりに足場を組み、養生シートを設置します。
鉄筋コンクリートの解体は、大量の粉じんが発生しますので、しっかりとした養生を行い、粉じんの飛散を食い止めなければなりません。
粉じんのほかにも、鉄筋コンクリートの解体時には騒音も発生しますので、遮音性に優れた養生シートを使用し、騒音を抑える必要があります。
解体中の建物の倒壊や、重機の操作ミスによる近隣住宅への被害も養生シートにより防ぐことができますので、足場解体養生は解体工事に必要不可欠なものといえるのです。


構造物解体の前の内部解体

鉄筋コンクリートの解体を行うには、まず建物の内部解体を行わなければなりません。
内部解体とは、その名の通り建物の内部を解体することをいいます。
建物の内装解体をしなければ、本格的な解体工事を始めることができないのです。
手作業や小型の重機を使用して徹底的に内部解体を行い、内部解体で発生した廃棄物を搬出した後、ようやく解体工事が開始されます。


西喜へご相談ください!

弊社で承っている業務は、鉄筋コンクリートをはじめ、鉄骨造・軽量鉄骨造・木造の解体です。
解体前の入念な現地調査、丁寧で確実な養生や内部解体で、事故やトラブルのない解体工事をご提供いたします。
経験豊富なスタッフが在籍しており、抜群のチーム力で、お客さまのご要望に合った施工を行うことをお約束いたします。
解体業者へのご依頼がありましたら、弊社までお気軽にご相談ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


四日市市など三重県の家解体費用・解体工事は株式会社西喜
ただいま解体工スタッフ・ダンプ運転手求人中です!
事務所:〒510-0863 三重県四日市市大字塩浜2860-78
電話&FAX:059-347-6290
代表直通:090-4256-9903