こんにちは!三重県四日市市に拠点を置き、鈴鹿市をはじめとした東海三県で解体工事を手がける株式会社西喜です!
「解体工事ってのおもしろさって?」
このような疑問を持つ人も多いでしょう。
そこで今回は、「職人が語る解体工事のおもしろさ」をテーマに設定し、わかりやすいご説明をしていきます。
ぜひ最後までご覧ください!

構造物を壊すことのおもしろさ


解体工事は、建物を壊して撤去することを意味します。
大型の重機を使って建物を解体するという作業は、やってみると非常におもしろみがあります。
施工のスケールが大きいため、その分やりがいも感じられます。

幅広い作業に取り組むことのおもしろさ
解体工事の場合、重機を使った作業だけで完結するわけではありません。
廃材の分別など、人の手で作業する部分も多く含まれることになります。
そのため、幅広い作業に取り組む中で、解体工事のおもしろさを見出すことができるのです。

各作業で工夫を凝らすことのおもしろさ
解体工事では、施工ごとに対応が異なります。
建物によって構造が異なるため、その建物に応じた解体作業が必要になります。
したがって、毎回の施工で工夫を凝らすという点に、解体工事のおもしろさがあります。

ここまで解体工事のおもしろさについてお話ししてきましたが、おもしろさだけではなく危険性がともなうのも解体工事の現実です。
そこで次の項目では、解体工事のおそろしさについてお話ししましょう。

構造物を壊すことのおそろしさ


外壁の倒壊
外壁の倒壊は、気を付けなくてはならないリスクの一つです。
構造物を解体するのですから、外壁が不安定になるのは当然のことです。
きちんとした業者であれば、ワイヤーなどで固定して作業を行っているのですが、それでも強風などの影響で倒壊するおそれがあります。
いつでも注意を怠らないことが大切です。

ガス爆発
解体時には、ガスや電気などのライフライン関係の撤去が必要です。
撤去を怠ってしまい、ガス管を切断したことによってガス爆発に発展した事例もあります。
私どもは常に適切な撤去を行ってから解体工事を行っています。

足場の崩落
建物が高くなると足場を設置して解体工事を行う必要があります。
その足場が崩落してしまったという事例があります。
高さがあればあるほど風の影響を受けやすくなるため、十分な注意が必要です。

このように解体工事はおもしろさのある魅力的な仕事ですが、常に危険と隣り合わせの仕事とも言えます。
そのため精神を集中して仕事に取り組むことが必要です。

解体のことなら株式会社西喜へ!


建物の解体をご希望ではありませんか?
弊社では解体工事を専門的に手がけており、多くの実績がございます。
木造から鉄筋造の一般住宅まで、あらゆる住宅の解体に対応いたしますので、ぜひご依頼ください。
施工を進めるにあたっては、アスベスト対策にもしっかり配慮してまいります!
また、弊社では埋立工事にも対応しておりますので、土地の整備をご希望の場合は一度ご連絡くださいませ。
お問い合わせにつきましては、お電話や問い合わせフォームよりお待ちしております!

【求人】新規スタッフを募集中!

四日市市に拠点を置き、解体工事を主に手がける弊社では、新規スタッフを必要としております。
解体工事の現場スタッフ、10tダンプドライバー、4tダンプドライバーを募集しておりますので、ぜひご応募ください。
経験者の方はもちろん、未経験の方や女性の方のご応募も大歓迎でございます!
お気軽に求人情報ページからご応募ください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


鈴鹿市など三重県の解体工事は三重県四日市市の株式会社西喜
ただいま解体工スタッフ・ダンプ運転手求人中です!
事務所:〒510-0863 三重県四日市市大字塩浜2860-78
電話&FAX:059-347-6290
代表直通:090-4256-9903