こんにちは!事務所を三重県四日市市に置き、東海三県においてさまざまな解体工事を行っております、株式会社西喜です。
お客様にご満足いただける施工を目指し、日々努力を重ねております。
皆様は、解体工事がどのような時に行われているかをご存じでしょうか?
そこで今回は、解体工事が行われるタイミングについて、ご紹介したいと思います。

土地を有効活用したいとき

解体工事が必要なタイミングとして「不要な建物を撤去する時」とイメージされる方も多いのではないでしょうか?
しかし、土地を有効活用したい時にも解体工事が行われます。
不要になった建物は、必ずしも解体が必要というわけではありません。
もちろん、老朽化による倒壊の可能性があるため、放置は推奨されないものです。
建物を解体して更地になった土地は、有効に利用できます。
解体工事が必要になるタイミングは、このように既に建物が建っている土地を、別の用途に利用したい時といえるでしょう。
そのため、解体工事を行う際は、土地の整地工事が必ず行われます。
土地を完全な更地に戻すことで、その土地を別の用途に利用できるようになるのです。

賃貸物件の原状回復をするとき

賃貸物件の原状回復を行う際も、解体工事が行われます。
原状回復という言葉をご存じでしょうか。
原状回復とは、賃貸物件を引き払う際に設置した設備などを解体し、借りた当時の状態に復旧することです。
これを行うためには、内装解体という解体工事が必要となります。
建物を全て解体する解体工事と異なるポイントは、解体してはいけないものがあるという点です。
そのため、事前の段取りなどが、通常の解体工事とは異なります。

西喜へご相談ください!

東海三県において解体業者をお探しの方は、ぜひ弊社にご相談ください。
弊社は、全工程においてこだわりを持った、丁寧な作業を心掛けております。
工事前は、近隣の方々へのごあいさつや、防じんシートの設置などを徹底しておりますので、安心してお任せいただけます!
また、廃材の処理も適切な方法で行っておりますので、ご安心ください!
解体工事でお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


四日市市など三重県の家解体費用・解体工事は株式会社西喜
ただいま解体工スタッフ・ダンプ運転手求人中です!
事務所:〒510-0863 三重県四日市市大字塩浜2860-78
電話&FAX:059-347-6290
代表直通:090-4256-9903