こんにちは、四日市市をはじめとした三重県で、解体工事を請け負っている株式会社 西喜です!
皆さんは、解体工事現場でよく使われている「ガラ出し」などの専門用語が、どんな意味なのか知っていますか?
「よく分からないよ」という方が多いと思いますので、たくさんある専門用語の中から、いくつかを抜粋して紹介したいと思います。

専門用語をご紹介!


1、ガラ出し

解体工事を行った際に出てくる木材や木屑、コンクリート、アスファルトなど解体したときに出たものを運ぶ事です。

2、マニフェスト(産業廃棄物管理票)
解体した際に出てきた産業廃棄物を処分する際に必ず必要になる書類の事です。
排出業者にマニフェストを交付された最終処分所業者は、産業廃棄物の冬季完了後に完了日時等を記入して、ふたたび排出業者に返送することが義務づけられています。

3、養生
近隣住民に迷惑がかからないよう、解体現場を防塵ネットや防音シート等で囲うことをいいます。

4、不法投棄
産業廃棄物を廃棄する資格を所持していない、山奥などに不正に廃棄することを不法投棄といいます。
ニュースなどでお聞きになる機会が多いので、ご存知の方も多いと思います。
不法投棄は、最終処分所業者や排出業者だけでなく、関連する会社を巻き込む可能性のあるリスキーな行為です。
社会的に許されない、決して許してはならない行為です。

この他にも、廃棄プラスチックを指す「廃プラ」やスコップを指す「カクスコ」などの専門用語があります。

どの業界にも、その業界ならではの専門用語が存在します。
ご興味があれば、ぜひ調べてみてはいかがでしょうか?

ここまで、『解体工事の専門用語』についてご紹介しました。
今後も、各種情報を発信して参ります。

解体工事なら株式会社 西喜へ!


「三重県で解体工事を行える会社を探している!」
「木造の家の解体工事が得意な会社に解体工事を依頼したい!」
という方は、是非当社へ解体工事をご依頼ください。
「お問い合わせ」「下見調査」「見積り」まで親切丁寧にご対応いたします。
現場調査も入念に行いますので、ご安心ください。

ご不明点は何回でもご説明いたしますので、ご遠慮なくご質問してください。
まずはお問い合わせをお待ちしております。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



大型ダンプ運搬・解体工事・埋立工事は三重県四日市市の株式会社西喜
ただいま解体工事スタッフ・大型ダンプ運転手求人中です!
事務所:〒510-0863 三重県四日市市大字塩浜2860-78
電話&FAX:059-347-6290
代表直通:090-4256-9903